Dive Master

ダイブ・マスター

PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。PADIインストラクターと共に働き、あなたのダイビング知識を広げ、ダイビング・スキルをダイビングのプロフェッショナルとして磨いてください。そしてPADIインストラクターや生徒ダイバーのアシスタントを経験しながら、あなたのリーダーシップ能力を開発してください。あなたの可能はここから無限大に広がります。

コース参加の条件

  • PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
  • PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
  • ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
  • ログブックに最小限20回のダイブが完了していること。
  • 18歳以上であること。

PADIダイブマスターになると

  • PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
  • PADIインストラクターとお客様のアシストができる。
  • PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
  • PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
  • 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
  • PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。

1. 申込み時にオリエンテーションを行います。
ダイビングを始めるにあたりPADI各種書類に記入。知識開発の自宅学習のやり方を説明。学科講習、プール講習、海洋自習の日程の相談、予約、マニュアル、ビデオが入る袋をご用意下さい。
所要時間:約1:30

2. 知識開発モジュール(自習、クラスルーム)
  ・ナレッジリビューの提出(9項目)
  ・エグザム(8トピック、各20問中15問以上の正解)
  ・緊急アシストプランの作成
所要時間:4:00〜6:00

3. 水中スキルとスタミナ・モジュール
  ・400m水泳
  ・15分間立ち泳ぎ
  ・800mスノーケル・スイム
  ・100m疲労ダイバー曳航
  ・レスキュー評価
所要時間:2日間

4. 現場での応用モジュール
  ・水中地図の作成
  ・器材の交換
  ・ダイブマスターが実施するプログラムの実施
  ・インターンシップ1もしくはインターンシップ2のどちらかを終了
所要時間:6日間

このコースはレンタル器材込みですが、身長180cm、体重80kg、胸囲100cm、足のサイズ28cm以上の方はレンタル器材がございませんのでご自分でご用意して頂くか当店にて格安で販売致します。

器材レンタル料:軽器材各¥510 重器材:レギュレ−タ−¥1,620 BC¥1,620
ウェットス−ツ¥2,160 ドライス−ツ¥3,240
※器材レンタルの料金は1日分の料金です。

料金:¥162,000 -